So-net無料ブログ作成

吉原手引草 [本(文学)]


吉原手引草 (幻冬舎文庫)

吉原手引草 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 松井 今朝子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 文庫




さあ、いきなり歴史物な装丁ゆえなかなかに読まず嫌いだったんですが。
忽然と姿を消した花魁について、周りの人々にinterviewしていくと。
吉原にまつわるいろんな職業の人々の語り口が生き生きとして面白い。

最近、落語を聞く機会が多いんですが
それに似て、なんかこう軽妙で、口調で人の出や職の色を感じるんですね。

しかしなかなか事件の全貌が見えてこないので、
途中じれったさもありますが
ミステリ的良さのためにでなく、伏線をじっくり読み取るために
もう一度読んでみたいと思うんでありんす(いいたいだけ)。

by 345
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 2

かおり

ちょっと面白そうでそそられますね♪
先日ダーが「JIN」のコミックをレンタル(初めて!)してきたので
一緒になって19巻まで読みましたが、まだ完結してなかった(泣)
でもドラマのときもそうだったけど野風花魁の口調が移っちゃいそうになりますわね(笑)

それでは皆々さま、おさらばえ~^^
by かおり (2011-01-17 16:49) 

345

かおり様
わたくし、ドラマは見ました(とびとびだけど・・・)!!
でもやっぱり結論出てませんでした。
このまま出ないんじゃ・・・という予感も。。。
いや、だから中谷花魁が印象に残ってるんですよね〜〜
またドラマは続きがあるみたいですが、
野風氏が出てこないのかなと思うと寂しい〜〜〜
by 345 (2011-01-21 01:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。