So-net無料ブログ作成

空をつかむまで [本(エンターテイメント)]


空をつかむまで

空をつかむまで

  • 作者: 関口 尚
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/04/05
  • メディア: 単行本



最近、なぜか青春系が続く。
この作者を今まで知りませんでした。
坪田譲治文学賞受賞作。

全国でも有数の水泳選手だけど元不良、
元いじめられっ子のデブ、
アスリートの才能があったのに挫折した主人公。
なぜか、3人でトライアスロンのリレーに出場することになった話。
そこに、恋や成長や友情が絡まるお話。

最近この手の話に違和感を感じてしまう。
こんなに悩んだっけ?こんなに深刻だったか?
そもそもこんなに大人だったか?こんなに友情ということを強く意識したか?
自分がもっと平和に楽しくポワーッと過ごしてきたからなのかな。
ある意味幸せだったなと今更ながら思ったりする。

ただ、この作者はスポーツをしたことがないのかな?と思うところもチラホラ。
いやいや、そんなに簡単には・・・と。スポーツ物語がメインではないとはいえ、
ちょっと雑な感じはがっかり。
主人公3人を軸にそれぞれのストーリーを詰め込み過ぎな感じが否めない。
ここでSEXの話がいるかな?分かりやすい伏線を今頃回収しますか?
などなど…。

と言いつつ、やはり青春小説はテンポよく読める。

青春小説的な本が読みたくなるのは
「あの頃は良かったなぁ~」的な潜在意識のせいなのか…。
良くない良くない。

、という気分の時におススメ。

by dg23

タグ:★★☆☆☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。