So-net無料ブログ作成

君たちはどう生きるか [本(人文・思想)]


君たちはどう生きるか (岩波文庫)

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

  • 作者: 吉野 源三郎
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1982/11/16
  • メディア: 文庫



私がここで詳しく書くまでも無い名著である。

'37年、戦争に入る頃に書かれた、子供向けの倫理を何度か加筆修正して'82年に再版。

ここに示すには時間も場所も足りないくらい
考えることは多い。

以下、今の自分の発想を率直に示しておく。
いささか感情的で短絡的かもしれないが、それもそれ。

人間は強い方が良い。

強い人間を弱い人間が邪魔してはならない。足をひっぱるな。
困ったら素直に腹を見せれば良い。
弱い者のプライドを気にするほど、強い者は暇でない。
次元が違う。
逃げたければ黙って逃げれば良い。
事態を収拾させるのは、結局のところ強い人間ではないか。
アタマもカラダも丈夫な人間である。

by345
ここのところ思うこと。

賢く健康な子供を育てたいなら、漏れ出た放射性ヨウ素が
豆腐で言ったら何グラムになるかという計算ぐらい
自分で説明できるようにしたらいい。

なぜ、ハロゲンが不安定なのか
電子レベルで説明できるようにしたらいい。

デモに参加する前に、ソーラーパネル屋に見積もりを出し、緑を植えたらいい。

東京に不満があるなら、住民票を移し、選挙活動をし、一票を投じればいい。

嫌なら、やめるか改善策を出せばいい。
痛けりゃ、薬を飲むか治療すればいい。

どれも、黙って出来る。
「黙って」出来る強さを身につけたらいい。

かまってもらいたいだけ。
群れたいだけ。

自戒を込めて。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。