So-net無料ブログ作成
検索選択

イッツ・オンリー・ロックンロール [本(エンターテイメント)]


イッツ・オンリー・ロックンロール

イッツ・オンリー・ロックンロール




以前読んだ同作家の「路傍」が面白かったので、もう一つ読んでみようとこの作品。

主人公は34歳になっても、未だにロックメジャーになることを夢見る男。
バンド仲間や、昔からの腐れ縁の男や女とともに、
面白おかしく過ごしながらも現実を見つめ苦悩し、それでも前を向き続ける。
後半にかけては挫折や悲劇に直面し、打ちひしがれるもそれでも戦う。
ロックの名曲(全然詳しくないから知らないけど…)に感情を乗せて、
暴力や酒、ドラッグと、いかにもアウトローストーリーが軽快に紡がれる。

物語の設定は自分とは程遠いはずなのに、
同世代だからなのか、それともハードボイルド的なカッコよさに惹かれてか、
どっぷりと入り込め、かつ「そうなんだよねぇ~」と思わずうなずきたくなる言葉にうなる。

この世代、自分はもっと出来る、もっとスゴイと思いたい半面、
今だって、そこそこ悪くないじゃない?と現実を受け入れたい。
プライドと結果の葛藤や、「カッコいい」と「かっこ悪い」の境界線が都合よく行ったり来たり。
そもそも何がカッコいいのかさえ、基準が変わってくる。

「いい歳して何やってるの?」という問いを発してしまうこと自体がかっこ悪いんじゃないか、
「いい歳して夢を目指す」こと自体がカッコいいのかもしれない。
まだまだ「信じていれば夢はかなう」と言い続けてもいいのかもなと思える一冊。

同年代の友人に薦めたい。

by dg23



タグ:★★★★☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。