So-net無料ブログ作成
検索選択

館島 [本(エンターテイメント)]


館島 (ミステリ・フロンティア)

館島 (ミステリ・フロンティア)




この本を読んでいたところ、
ちょうどこの東川篤哉氏の作品が2011年の本屋大賞を受賞したとのこと。
もしかしてこの作品も話題になってたりしたのかな?

『館島』といういかにもなタイトルの通り、
閉じ込められた孤島、不可思議な作りをした建物、鋭い探偵という定番が揃った
本格?ミステリー

半年前に主人が不可解な墜落死をした館に、当時の関係者と探偵が招かれる。
そして、嵐のために孤立した島ではまた殺人が起こる。
今度の被害者は、死んだ主人の長男。そしてあり得ない深夜の密室。
全員がアリバイを証明出来ずに…そして、二人目の被害者が…。

とまさに、王道ストーリー
個人的にこの設定では読み進めるのがつらかった…。

この作品は、作者の初期の作品なのかどうかは知らないが
作品全体の書きたい方向がイマイチ分からない。
ドキドキしないし、怖くもないし、かと言って笑えるほどのユーモアは薄い。
中途半端におちゃらけた掛け合いをしている間に、
逆にしっかりと本格的なトリックが暴かれる。

登場人物の設定も微妙…。
探偵や刑事のキャラに鋭さを感じないのに、ありえないトリックを暴く。
他の登場人物もあえてのキャラの薄さだとしたらどうなのか。

数多くの、孤島モノ、密室モノ、館モノの名作と呼ばれるミステリーがある中で、
独特の登場人物キャラで、そしてその軽さで新しさを出そうとしているのか?
成功しているとはちょっと言い難い。
本格路線で重厚なストーリーにするか、トリックよりも人物メインで行った方が
良いのではないかなと思ったり…。

なにはともあれ、本屋大賞とった作品はそのうち読まないとね。

by dg23
タグ:★☆☆☆☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。