So-net無料ブログ作成
検索選択

八日目の蝉 [本(エンターテイメント)]


八日目の蝉 (中公文庫)

八日目の蝉 (中公文庫)




最近映画になっているのは知っていたものの、
まぁ見ることもないだろうし、本も買うことはないかなと
思っていたら、文庫本貰ったので読み始める。

映画の番宣でキャストは知っていたので、これが永作で、
これが井上でとイメージしやすいのは良いのか悪いのか。

作品は大きく分けて二部構成。
前半。ある女性が不倫していた男性の子供を誘拐してしまう。
そして、逃げて逃げて4年くらい?まさかの偶然により小豆島で逮捕される。
後半。誘拐された娘が成長する。誘拐されたという過去は本人だけじゃなく、
家族に暗い影を落とし続ける。そして、誘拐犯同様に自らも不倫の子供を
宿してしまう。

というお話。

基本的に、「母性愛」がテーマ?なので男読者としては感情移入がし難い。
で、男って馬鹿だな、女って怖いなって思う・・・だけ。

映画はどうなっているのか分からないけれど、
小説の終わり方はもどかしい。いや、こう感じさせるのは作者の作戦通りか。
あえてもう一つのドラマを作らないのは作者の母性なのかなとも思ったり。

でも前半の逃亡がスピード感とスリルをもって大きく三つのエピソードが展開されるのに対して、
後半は過去と現在のリンクをズリズリと伸ばしているようで急にスピード感が失われる。
後半のまったりした感じに慣れずに、前半と同じ勢いで読み進めてしまったのはもったいなかった?

女性は泣けるという噂。

by dg23

***

わたしは読んでいませんが、
たまたま見ていたTV番組で(dg23は見ていない)
映画の批評家が同じ様な事言ってました。

女性にはわかるが、
男性にはわからない、と。

そういうことって、年を取るにつれて多くなりますね。

by345

タグ:★★★☆☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。