So-net無料ブログ作成
検索選択

いつもの朝に [本(エンターテイメント)]


いつもの朝に

いつもの朝に




はじめて読む作家。
いつも以上に何の先入観もない。
ただ、初めて読むには分厚過ぎて読み始めるのに勇気がいる。

物語は、ミステリーホラー?的な要素を含んだ家族のお話。
芸術家の母と、他人を救うために亡くなった父、そして
学校でもスーパースターな兄と、何のとりえもないダメな弟。
一見、ありがちな設定。

弟が見つけた人形の中に隠されていた手紙。
それををきっかけに兄弟の出生の秘密にまつわる物語が動き始める。
その秘密をめぐって兄弟の気持ちがぐるぐると入れ替わり、
気持ちの変化に乗じて無意識に顔を出す子供のズルさや残酷さ。
でも結局は人気愛とか家族愛とか…みたいな。

秘密自体は「まぁそういうことだろうな」と早めに気付く。
その後の秘密にまつわる人々の苦悩、苦しみ、etcのくだりは若干長い気もする。

最後の終わり方は、一つのまとめ方だとは思うものの、
これだけ長かったんだから、もう少し感動なり、
驚愕なりがあっても良かったのかなと思ってみたり。

といっても基本的には面白かった。

by dg23

タグ:★★★★☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。