So-net無料ブログ作成
検索選択

新世界より [本(エンターテイメント)]


新世界より(上) (講談社文庫)

新世界より(上) (講談社文庫)




新世界より(下) (講談社文庫)

新世界より(下) (講談社文庫)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/01/14
  • メディア: 文庫



新世界より(中) (講談社文庫)

新世界より(中) (講談社文庫)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/01/14
  • メディア: 文庫



SFに挑戦。
色んなところでとっても評価の高い日本SF大賞受賞作。

設定は近未来ではなく「遠未来」1000年後の日本。
人間は大人になると特別な力「呪力」を体得する。そこに相応しくないと判断された子供
密かに姿を消していく。そして、閉ざされた小さな世界を全てだと思って育った子供達は
ある冒険をきっかけに、今いる世界の異常性に気付き、人間が変わり果てた姿「業魔」「悪鬼」の存在を知る。

異常な世界で、人間に忠実な奴隷のように生き、
人間には敵うはずのなかった「バケネズミ」の不可解な行動はやがて、
人間を恐怖の淵に追い込む「武器」を手に入れるに至る。
追い込まれる「呪力」を持つ人間達と「バケネズミ」の戦いの物語に
人間の強さや友情・愛情についての芯が貫かれる。

とりあえず長い。文庫本・上中下で2000ページ。
慣れないSFの、予想通りすっ飛んだ設定に、序盤から心が折れそうになるも
最初の一山(?)を超えると一気読み。止まらない。

あるはずのない世界のイメージが結構鮮明にイメージ出来たのは作者の腕がすばらしい。
「呪力」を持つ人間、牙をむくバケネズミは現代社会の何かにおきかえられるメタファーなのかな?
とも思うが、そんなに深く考えずともエンターテイメントとしてスリリングに楽しめる。

記念すべき、「SF読まず嫌い」を克服させてくれた?かもしれない一冊。

by dg23
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。