So-net無料ブログ作成

カフーを待ちわびて [本(エンターテイメント)]


カフーを待ちわびて (宝島社文庫)

カフーを待ちわびて (宝島社文庫)

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/05/12
  • メディア: 文庫



日本ラブストーリー大賞受賞作。
基本的に恋愛モノはスルーしてしまうので、こういった賞があるのも知りませんでした。
ちょっと調べると、当然のごとく映像化されていました。

沖縄の小さな島で、犬とともに雑貨屋をのんびりと営む青年・明青。
旅行に行った際に、神社の絵馬にふざけて「嫁に来ないか。幸せにします。」と記すと、
それを受けたちゅらさん(美人)の幸が突然島にやって来る。
隠された想いから、島の変化を受け入れなかった明青も、
彼女と過ごすことで自分の未来を考え始め、そして隣のかみんちゅ(神様おばあ)の
預言もあり一つの決心をする。
しかし、島を変えたい友人の思惑と、さらには幸の隠しごとと明青の誤解が重なる。
そして、全てを知った明青は決意を持って立ちあがる。

というお話。

題名の「カフー」は「果報・幸せ」という意味。

作者の筆力で、沖縄ののんびりとした美しい情景が目に浮かぶ。
過疎の島の開発と反開発というありがちなストーリーと
知らない美人が突然やってくるというあり得ないストーリーが上手く絡み合って
心地良いスピード感は、波に揺られて気持ち良く流されている感覚かも。

つらいことがあったら、
「いち、に、さん」と数えて我慢する。
罠にはめようとした幼馴染をも笑って許す。
そんな人間は根底に太い芯を持っているのかな。

沖縄に行きたいなぁとボンヤリと思える一冊。
恋愛というより、普通の純文学的にも素敵なお話。

by dg23

タグ:★★★★☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。