So-net無料ブログ作成
検索選択

マボロシの鳥 [本(文学)]


マボロシの鳥

マボロシの鳥




三島や太宰のような作品を書きたかったのでしょう。

しかし、骨が無い、肉が無い。

小説然としているだけで小説でなく、
所々に筆者自身が出てきてしまうのがイタい。

あるのは皮ばかり。

ネタ帳にでもさんざん書き溜めたフレーズを、
ざざざっと放出しただけ感が否めない。

by345

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 2

かおり

装丁にはちょっと興味が湧きますけどねー^^;
そっか、皮だけなんだ(笑)
by かおり (2011-06-10 18:52) 

345

かおり様
これはちょっとひどかったですねえー。。。
やりたい事はわかるんですが、theからまわり!
ちと期待はしていたんですけど。。。
by 345 (2011-07-12 01:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。