So-net無料ブログ作成
検索選択

任侠学園 [本(エンターテイメント)]


任侠学園

任侠学園




「とせい」の続編。
前回は出版社、今回は私立高校にヤクザが関わり立て直す。

今どきなアホな高校生とやる気のない教師、流行りのモンスターペアレンツなど
ありきたり風な登場人物構成。そんな高校生にいらつきながらも、阿岐本組の代貸・日村誠司は
生徒たちと誠実に対峙することから、信頼を得て腐りきってはいない教師も巻き込み、
時にヤクザの凄みを利かせながら、時に生徒と同じ目線に立ちながら徐々に学校を変えていく。

そして、最後の大きく立ちはだかる壁には、予想通り「親分」という印籠で解決。
分かりやすい水戸黄門な展開も分かりやす過ぎて痛快。

この人の描く登場人物は、皆決して完璧ではない。
それぞれが持つ強さを誰かが上手く引き出し、弱さを誰かがフォローする。
そんな上手くいくわけない非現実加減が、小説ならではの面白さに繋がっていると思う。

きっと続編出るんだろうな。
絶対に読むんだろうな。

by dg23
タグ:★★★★☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。