So-net無料ブログ作成

十八の夏 [本(エンターテイメント)]


十八の夏 (双葉文庫)

十八の夏 (双葉文庫)

  • 作者: 光原 百合
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2004/06
  • メディア: 文庫



第55回日本推理作家協会賞を受賞、
「2003年版このミステリーがすごい!第6位」
という触れ込みに惹かれ、はじめての「光原百合」という作家に挑戦。

ペンネームなのかな?
綺麗な名前に、いかにも乙女チックな印象を勝手に抱く。
筆者の名前のイメージって結構重要かも。

北方謙三! う~ん男臭がする!
柴田錬三郎!時代小説!

と感じるのは後付けか・・・。

で、光原さんのこの作品。
連作ミステリーとなっているが、4編のうちミステリー色が強いのは
最後の一作だけ。
表題の「十八の夏」はひと夏の淡い青春の思い出ストーリー、
自分の十八の頃を思い出しても特にキュンとは来ない。
二作目、三作目はミステリー?ユーモアを交えて語られるストーリー
は微笑ましいばかりで、フフッと静かに終わる。

どうして、この作品が評価が高いのかイマイチ解らないのは、
相変わらずの純文学的な感覚の欠如のためか…。

しかし、連作で軽く読め、ひとつひとつの話には入り込める。
ちょっとした時間の合間にお勧め。

by dg23

タグ:★★☆☆☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

同期 [本(エンターテイメント)]


同期

同期

  • 作者: 今野 敏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/07/17
  • メディア: 単行本



今野敏の警察モノ。
「隠蔽捜査」ですっかりハマり、
「リオ」で若干、ガッカリしたものの、
この作者のモノを見つけると思わず手にとってみる。

公安部の同期が突如として、懲戒免職となり行方をくらます。
主人公が借りのあるその同期を探していると、巨大な権力の思惑に阻まれ
現在捜査中の事件にもその影が影響を及ぼす。
巨大な権力と向き合った時、その全貌が…。

というストーリー。

今回の主人公は、ごくごく普通の若い刑事。
ベテランの現場主義の刑事に助けられながら、
人格的にも成長しながら、殻を破って事件の真相に突き進む。
というありがちな展開。

ありがちであるが故、安心して楽しめる。
しかし、主人公と消えた同期との熱い友情は
「そこまでの関係かな…?」とあまり温度を感じなかったり。

最後、真相にたどり着くまでも、
急な駆け足感も否めない。
そんな大物に都合よく会える?そのヒントで気付く?
多少の都合の良さは、とりあえずスルー…。

男のドラマ的な熱さをスパイスにしている
基本は王道の「警察推理モノ」。

軽く楽しめます。

by dg23


タグ:★★★☆☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

キュア [本(エンターテイメント)]


キュア cure

キュア cure

  • 作者: 田口 ランディ
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2008/01/11
  • メディア: 単行本



かつて、この作者の作品
『コンセント』『アンテナ』『モザイク』の三部作を読んだ。

スピリチュアルな話やSF的なストーリーは苦手だったけど
それらの作品には不思議と引き込まれたのは若かったからかな?

偶然、見つけたこの作品。
あの頃どうして引き込まれたのだろうと、思いだしたくて手に取る。

特殊な能力を持つ優秀な外科医の主人公。
突然、ガンが見つかり余命が約一年と知る。
かつてその特殊な能力で救ったリストカットの少女と一緒に暮らし、
同様の特殊な能力を持つ看護師、主人公を慕い心配する研修医らに
囲まれながら、科学的な医療の対極にある
自らの特殊な能力に関わるスピリチュアルな世界、
宗教的な世界に身を置くことを受け入れ、自らの治療(キュア)を模索する。

正直、途中からじっくり読むのがキツくなってきた。
主人公の精神世界があっちこっちと飛んでいく。
スラーっと読み飛ばし、現実世界に返ってくるとまた読み進めるという
雑な読み方をしてしまいました…。

でも、こういう内容を表現できるという作家の筆力は凄いなと素直に思う。
この世界観、不思議だ。

苦手というか、霊感的なものさえ持ち合わせない者として理解がし難いだけで
嫌いではない。
主人公の「ガン」というものをメタファーとして現代に生きる人の悩みや葛藤なんかにも
当て嵌まるのではないか。
そういったものをロジックでまとめて消化する人もいれば、
もっと大きな精神的なフォローで乗り越える人もいる。

そんな話。

好きな人はとても好きであろうお話。


by dg23


タグ:★★★☆☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

影武者 徳川家康 [本(エンターテイメント)]


影武者徳川家康〈上〉 (新潮文庫)

影武者徳川家康〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 隆 慶一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1993/08
  • メディア: 文庫



歴史小説は大好きです。
特に戦国時代モノが好きです。

でも、この時代の作品は超大御所たちの描いた作品から
ある程度の通説が出来ていたり、日本人の大前提として
知っている予備知識がある。

しかししかし、この作品、
「もしかしたら…本当にそうだったのかも…」と思わせる凄い作品。

天下統一を果たした徳川家康が、関ヶ原の戦いで暗殺されるところから始まり、
それを隠すために影武者である世良田二郎三郎なる人物がその後も
徳川家康になり替わり天下を統一するというお話。
当然、それを知るのは、二代将軍秀忠とごく限られた側近などのみ。
いかにそれを隠しながら天下を太平に導くか、本筋の徳川の息子との暗闘。
上・中・下と長いけれども全く飽きず、終わってしまうのが惜しいくらい面白い作品。

おそらくこの作品から、時代小説や歴史小説にはまった人は数知れずでしょう。

エンターテイメントとしても、それぞれのキャラの個性が立っていてメリハリがあり
分かりやすく、カッコいいだけじゃない人間の様々な感情にも違和感がない。

これはあまり、日本史とか知らない人がいたら信じてしまうかもしれないなと思うが、
時代小説を勧めるならば真っ先に思いつく作品。

凄くお勧め。

by dg23
タグ:★★★★★
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

切羽へ [本(エンターテイメント)]


切羽へ

切羽へ

  • 作者: 井上 荒野
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: ハードカバー



せっかくなので、色々な作家の本を読んでみようとは思っているものの、
何か賞を取っていたり、評判をどこかで聞かないとなかなか手が出にくい。
ということで、過去にさかのぼって直木賞取っている作家を探して
この作品に辿り着いた。

静かな島に、幼馴染の夫と仲良く暮らす主人公。
生徒が数人しかいない小学校で養護教諭(?)として
の穏やかな日々に、新任の教師が現れる。
理解しがたい言動に、苛立ちを感じつつも気になって仕方がない…。

「切羽」とは、これ以上は進めない限界の場所ということ。
ストーリーのテーマを美しく表し、ピッタリの題名です。

一度も「好きかも…」なんて直接的な表現がないにもかかわらず、
主人公の心の動きがスッと入ってくるのは、この作者凄いかも!

気づいているような、気づいていないような夫の雰囲気も自然、
この相手の男はどう思ってるんだ?ぼんやり感も自然。

男性だからか、個人的な趣味か恋愛小説系は中々入り込めないし、
お決まり的な展開になると流し読みになってしまうが、
この作品はいつの間にか読み進めて、スーッと静かに終わっていく。

こういう作品もあるんだね。と新鮮な読後。
どんな人にお勧めか、イマイチ分からないけど静かに読書したい時に

お勧め。

by dg23
タグ:★★★★☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。