So-net無料ブログ作成

カフーを待ちわびて [本(エンターテイメント)]


カフーを待ちわびて (宝島社文庫)

カフーを待ちわびて (宝島社文庫)

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/05/12
  • メディア: 文庫



日本ラブストーリー大賞受賞作。
基本的に恋愛モノはスルーしてしまうので、こういった賞があるのも知りませんでした。
ちょっと調べると、当然のごとく映像化されていました。

沖縄の小さな島で、犬とともに雑貨屋をのんびりと営む青年・明青。
旅行に行った際に、神社の絵馬にふざけて「嫁に来ないか。幸せにします。」と記すと、
それを受けたちゅらさん(美人)の幸が突然島にやって来る。
隠された想いから、島の変化を受け入れなかった明青も、
彼女と過ごすことで自分の未来を考え始め、そして隣のかみんちゅ(神様おばあ)の
預言もあり一つの決心をする。
しかし、島を変えたい友人の思惑と、さらには幸の隠しごとと明青の誤解が重なる。
そして、全てを知った明青は決意を持って立ちあがる。

というお話。

題名の「カフー」は「果報・幸せ」という意味。

作者の筆力で、沖縄ののんびりとした美しい情景が目に浮かぶ。
過疎の島の開発と反開発というありがちなストーリーと
知らない美人が突然やってくるというあり得ないストーリーが上手く絡み合って
心地良いスピード感は、波に揺られて気持ち良く流されている感覚かも。

つらいことがあったら、
「いち、に、さん」と数えて我慢する。
罠にはめようとした幼馴染をも笑って許す。
そんな人間は根底に太い芯を持っているのかな。

沖縄に行きたいなぁとボンヤリと思える一冊。
恋愛というより、普通の純文学的にも素敵なお話。

by dg23

タグ:★★★★☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

命もいらず名もいらず [本(エンターテイメント)]


命もいらず名もいらず_(上)幕末篇

命もいらず名もいらず_(上)幕末篇

  • 作者: 山本兼一
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2010/03/25
  • メディア: 単行本



命もいらず名もいらず_(下)明治篇

命もいらず名もいらず_(下)明治篇

  • 作者: 山本兼一
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2010/03/25
  • メディア: 単行本



たまに骨太な歴史小説が読みたくなる。
そして、歴史小説というと最近ではこの作者の名前を目にすることも多い。

幕末から明治維新を通して、幕府の幕引きから新たな時代の息吹に貢献した
山岡鉄舟の物語。
名前は聞いたことあったようなないような…。剣の達人、書の達人だとか。

幕末、江戸城無血開城などというと西郷や勝海舟なんて名前が有名だが、
実はその前のおぜん立てをしていたのはこの山岡鉄舟だとか。
そしてその後は、新政府の中で、新たな時代に頻発する多くの問題を身一つで解決し、
さらには明治天皇の教育係を務めるという一連の動乱期での山岡の活躍と
その魂の鍛え方をつづった物語。

「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困りもす。そういう始末に困る人物でなければ、艱難を共にして、国家の大業は為せぬということでございます」は西郷隆盛が山岡を評して言った言葉。
山岡の修行や己への問いかけのストイックな部分を思わず流し読みしてしまう自分は、
「全部欲しい」と何の迷いもなく言ってしまうことは間違いない。

余りに剛毅で自分に厳しい人間が主人公だと、
そんなに感情移入も出来なければ、憧れ感も薄め。
というより、精神世界の話が単に苦手だということに改めて気付いた。

長いので、時間があるとき、自分を叱りたい時にでも。

by dg23
タグ:★★★☆☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

カササギたちの四季 [本(エンターテイメント)]


カササギたちの四季

カササギたちの四季

  • 作者: 道尾秀介
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2011/02/19
  • メディア: 単行本



道尾作品。
新作を真っ先に買うほどではないものの、
あれば気になって手に取ってしまう。
『ラットマン』や『カラスの親指』は好きだったけれど、『龍神の雨』嫌いじゃないけれど、
代表作の『向日葵の咲かない夏』で「はぁ!?そうなっちゃうの?」と思って以来
半信半疑になっているのかも…。

この『カササギたちの四季』はというと…、
主人公・日暮とその相棒・カササギが営む「リサイクル・カササギ」が
かつての客先でもあった小~中学生の菜美とともに、
仕事先で出会う人々に起こるちょっとした事件を解決していく。
時に間違った解釈で、表面的に事件を解決するのはカササギで、
真実に気付きながら密かにフォローするのは日暮。
解決するのがカササギであれば、菜美の夢を壊さず済むから。

というお話。
殺人も起きなければ、精神的に壊れ気味のキャラもなく穏やかに進むストーリーは
物足りない人もいるのでは?とも思う。
でも、どの作品にも見られる人間的な優しさや愛情などは垣間見られ読後感は
決して悪くないはず。
ただ、腑に落ちないのは、日暮が菜美に対してとても優しい愛情を
示すくだりは最後まで、結局なんでだっけ?と読み返してみても疑問だったり。
読解力の問題ですか?

さらっと2時間くらいで読める作品。
気軽に読むのにお勧めです。

by dg23

タグ:★★★☆☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

新世界より [本(エンターテイメント)]


新世界より(上) (講談社文庫)

新世界より(上) (講談社文庫)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/01/14
  • メディア: 文庫



新世界より(下) (講談社文庫)

新世界より(下) (講談社文庫)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/01/14
  • メディア: 文庫



新世界より(中) (講談社文庫)

新世界より(中) (講談社文庫)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/01/14
  • メディア: 文庫



SFに挑戦。
色んなところでとっても評価の高い日本SF大賞受賞作。

設定は近未来ではなく「遠未来」1000年後の日本。
人間は大人になると特別な力「呪力」を体得する。そこに相応しくないと判断された子供は
密かに姿を消していく。そして、閉ざされた小さな世界を全てだと思って育った子供達は
ある冒険をきっかけに、今いる世界の異常性に気付き、人間が変わり果てた姿「業魔」「悪鬼」の存在を知る。

異常な世界で、人間に忠実な奴隷のように生き、
人間には敵うはずのなかった「バケネズミ」の不可解な行動はやがて、
人間を恐怖の淵に追い込む「武器」を手に入れるに至る。
追い込まれる「呪力」を持つ人間達と「バケネズミ」の戦いの物語に
人間の強さや友情・愛情についての芯が貫かれる。

とりあえず長い。文庫本・上中下で2000ページ。
慣れないSFの、予想通りすっ飛んだ設定に、序盤から心が折れそうになるも
最初の一山(?)を超えると一気読み。止まらない。

あるはずのない世界のイメージが結構鮮明にイメージ出来たのは作者の腕がすばらしい。
「呪力」を持つ人間、牙をむくバケネズミは現代社会の何かにおきかえられるメタファーなのかな?
とも思うが、そんなに深く考えずともエンターテイメントとしてスリリングに楽しめる。

記念すべき、「SF読まず嫌い」を克服させてくれた?かもしれない一冊。

by dg23
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

いつもの朝に [本(エンターテイメント)]


いつもの朝に

いつもの朝に

  • 作者: 今邑 彩
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/03/24
  • メディア: 単行本



はじめて読む作家。
いつも以上に何の先入観もない。
ただ、初めて読むには分厚過ぎて読み始めるのに勇気がいる。

物語は、ミステリー?ホラー?的な要素を含んだ家族のお話。
芸術家の母と、他人を救うために亡くなった父、そして
学校でもスーパースターな兄と、何のとりえもないダメな弟。
一見、ありがちな設定。

弟が見つけた人形の中に隠されていた手紙。
それををきっかけに兄弟の出生の秘密にまつわる物語が動き始める。
その秘密をめぐって兄弟の気持ちがぐるぐると入れ替わり、
気持ちの変化に乗じて無意識に顔を出す子供のズルさや残酷さ。
でも結局は人気愛とか家族愛とか…みたいな。

秘密自体は「まぁそういうことだろうな」と早めに気付く。
その後の秘密にまつわる人々の苦悩、苦しみ、etcのくだりは若干長い気もする。

最後の終わり方は、一つのまとめ方だとは思うものの、
これだけ長かったんだから、もう少し感動なり、
驚愕なりがあっても良かったのかなと思ってみたり。

といっても基本的には面白かった。

by dg23

タグ:★★★★☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

八日目の蝉 [本(エンターテイメント)]


八日目の蝉 (中公文庫)

八日目の蝉 (中公文庫)

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2011/01/22
  • メディア: 文庫



最近映画になっているのは知っていたものの、
まぁ見ることもないだろうし、本も買うことはないかなと
思っていたら、文庫本貰ったので読み始める。

映画の番宣でキャストは知っていたので、これが永作で、
これが井上でとイメージしやすいのは良いのか悪いのか。

作品は大きく分けて二部構成。
前半。ある女性が不倫していた男性の子供を誘拐してしまう。
そして、逃げて逃げて4年くらい?まさかの偶然により小豆島で逮捕される。
後半。誘拐された娘が成長する。誘拐されたという過去は本人だけじゃなく、
家族に暗い影を落とし続ける。そして、誘拐犯同様に自らも不倫の子供を
宿してしまう。

というお話。

基本的に、「母性愛」がテーマ?なので男読者としては感情移入がし難い。
で、男って馬鹿だな、女って怖いなって思う・・・だけ。

映画はどうなっているのか分からないけれど、
小説の終わり方はもどかしい。いや、こう感じさせるのは作者の作戦通りか。
あえてもう一つのドラマを作らないのは作者の母性なのかなとも思ったり。

でも前半の逃亡がスピード感とスリルをもって大きく三つのエピソードが展開されるのに対して、
後半は過去と現在のリンクをズリズリと伸ばしているようで急にスピード感が失われる。
後半のまったりした感じに慣れずに、前半と同じ勢いで読み進めてしまったのはもったいなかった?

女性は泣けるという噂。

by dg23

***

わたしは読んでいませんが、
たまたま見ていたTV番組で(dg23は見ていない)
映画の批評家が同じ様な事言ってました。

女性にはわかるが、
男性にはわからない、と。

そういうことって、年を取るにつれて多くなりますね。

by345

タグ:★★★☆☆
posted by dg23 at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。