So-net無料ブログ作成
本(科学・テクノロジー) ブログトップ

笑う科学 イグ・ノーベル賞 [本(科学・テクノロジー)]


笑う科学 イグ・ノーベル賞 (PHPサイエンス・ワールド新書)

笑う科学 イグ・ノーベル賞 (PHPサイエンス・ワールド新書)

  • 作者: 志村 幸雄
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/10/21
  • メディア: 新書



イグ・ノーベル賞。
役に立つかどうかは置いておいて、
人を笑わせ、そして考えさせる研究・発見に対して与えられるようになった賞。

落下するバタートーストの力学的分析、
バニラの芳香成分を馬糞から抽出、などなど
バウリンガルなどは有名か。

最も分かりやすい例はカラオケ。

どんな類の研究も(企業研究を除いて)、
「何の役に立つの?」と聞かれる科学者は多いだろう。

例えばわたしは(科学者でも何でもないけれど)、
その模範解答を用意はしていない。
時間とその気分があれば話すことはあるが、たいていの場合は無い。

とにかくこういうものを、真剣に楽しく追求する人々(あるいは対象)があることを
かいつまんで教えてくれる良書。

by345


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

はじめてのトポロジー [本(科学・テクノロジー)]


はじめてのトポロジー (PHPサイエンス・ワールド新書)

はじめてのトポロジー (PHPサイエンス・ワールド新書)

  • 作者: 瀬山 士郎
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/12/19
  • メディア: 新書



非常に丁寧でスムーズな導入からわかりやすい展開。
これ以上やさしく表現するのは不可能では?
と、思うほど。
「興味があれば」中高生、小学生でも読める(と期待)。

数学、というと「何に使うの?役にたつの?」と
あきれるほど多く質問されてきたが、
今現在の私が思う答えは以下。

道具箱に、かなづちが加わるようなものです。

釘を打たねばならぬときが来るかもしれないし、来ないかもしれない。
もしかしたらレアメタルでできていて、磨けば高値がつくかもしれない。
ペーパーウェイトの代わりになるかもしれないし、
使い方を教える側になって生計を立てられるかもしれない。

「使ってみよう」という主体的な意思がなければ無用の長物。
使いこなせば、ものすごい場所へ行ける道具を作れるかもしれない。

分かりたい人間には分かるが、分かろうとしない人間には一生分からない。
どちらのタイプが良いとか悪いとかでもない。

by345
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
本(科学・テクノロジー) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。